右ターンに入る時、左肩が少し引けるので、気をつけましょう。
克服すればターン導入時のトップの捉えが良くなり、さらに内傾角がでてくるでしょう。
 
 
 
 
 
   
BACK